投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-04-20 (489 ヒット)

4月6日に予約していた RICOH Caplio GX100 が本日(20日)に到着しませんでした(笑)

当初到着日を聞いたときは、22日(日曜日)ぐらいとの返事でしたが、19日(金曜日)商品発送のご案内メールが届いたので、これはもしやと思いましたがやはりダメですねー。

しかし、金額も他に例を見ない安さだったので気長に待つことにしましょう。

【ご注文明細】 
(Caplio GX100 VF)
【4月20日発売】【1001万画素】24mmワイドズーム対応デジタルカメラ Caplio GX100 VF
\65,800.- * 1 = \65,800.-
【お買上金額】 
商品金額(税込):\65,800.-
送料: 無料

そんなわけで、これから彼(彼女?)のニックネームを付けれやらなければいけません。

んんーーーーー。まずは、顔を見てからだな


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-04-14 (517 ヒット)

あのCaplioというロゴが最後の最後まで気になってしょうがない。

写りがよければ”良い”のでは!
というご意見は、私の考えとは程遠い。
最高のカメラであれば、すべてが最高であるべきだ。


Caplio GX100GR DIGITAL

比較にはならないが、GR DIGITAL と隣通し並べてみるとシンプルさにカケル気がする。

あのロゴが”最高”だーと言うヤツとは友達になれない。
そう思ってる人は、2chや価格COMの書込みには実はたくさんいてホッとしている。

そんな中、半蔵門にある日本カメラ博物館に、RICOH Caplio GX100 の体験コーナーに足を運んだ人からのレビュー記事が出ていた。
http://www.enjoytokyo.jp/id/hayaya/114755.html

その記事の中に、
Caplioのロゴは意見の分かれるところだと思いますが、レトロポップな
書体はリコーにしてはよくやったなと思えます。
個人的にはかなりセンスがいいロゴだと思ってますので。
ちなみにエンボス加工ではなく、ホワイトのプリントロゴでした。 
消したい方は自由にどうぞという感じでしょうか(笑)


プリントであれば、消してやろう。

消したところに、シールを貼ってやる。

CustomGX と。

マジいいね。


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-04-09 (567 ヒット)

今日価格COMで、お店にパンフレットがおいてあったという情報を入手し、早速帰り道にあるビックカメラに寄ってみた。

パフレットを置いてある場所に行き、隅々見たつもりだが見当たらない。

もう一度見ると、一番上の段にRICOHという文字が横向きになっているものを発見した。

ジャーーーーン



他のパンフレットと違い、横向きのものとなっていてオシャレちゃんです。
お店の人も販売日までに無くなるのを恐れて、見えないように置いていたのだろうか?

いや。多分私の思い過ごしだろう。

今日は他のコンパクトデジカメのパンフレットも大量に入手してきた。
なぜかと言うと、このカメラの凄さを再確認するためである。

それと、以下のブログで作例が出ています。

【GX100で撮影してきました】 - 社員奮闘記 - GR BLOG Ricoh Japan
http://blog.ricoh.co.jp/GR/archives/2007/04/gx100.html

こんなにきれいに写るの!
すこぶるいいかも。。。


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-04-09 (528 ヒット)

最近、2chや価格COMなどでは、表記のような記事を良く目にしますが、デジカメ超初心者の私も実は気になる部分があったのでご紹介したいと思います。

それは、アルミニウム合金の採用についてです。
なぜ、GR DIGITAL はマグネシウム合金を採用し、この GX100 はアルミニウム合金にしたのかが気になってしょうがありませんでしたので、簡単ではありますが ”素材” について調べてみました。

素材かよ(by みむら)

まずは気になった部分を紹介
GR DIGITAL 製品情報 特徴4 大々的に、マグネシウム合金をアピールしている
GX100 製品情報 特徴2 申し訳なさそうなページスペース(写真無)

マグネシウム合金は、従来は強度の問題があり、あまり使われてこなかったのですが、耐食性や加工技術の発達により、自動車部品やパソコン、携帯など、アルミニウム合金に代わる材料となってきました。

・重量はアルミニウム合金と比較すると 約2/3、鉄と比べると 約1/4 と軽い

・金額は、アルミニウム合金 150円/kg に対して マグネシウム合金 280円/kg で2倍近く高い

・加工成形品の生産量としては、アルミニウムと比べて100倍近い差がまだある

と、、、どう逆立ちしても、アルミニウム合金の方がマグネシウム合金に比べてに分が悪い気がするが、そんなに落ち込む事はない。

マグネシウムには、強度、伸び、耐熱性の不足や腐食しやすいなどの欠点がある。
その内、腐食はもともと微量な鉄やニッケル、銅などが含まれているのが原因を招くようですが、現在は純度を上げる技術発展により解決している。

解決してるのかよ!(by 三村)

ただし、完全に腐食を避けるには、表面処理をキチンと施さなければならない。

ようするに、まとめると。
強度はアルミニウムより弱い が 重量は軽く 変形に強い が サビやすい。

最初から、このように一行に要約してくれたら超素人には分りやすいのに。

よって、最終的に私なりの勝手な判断で述べさせていただくと、

1.GR DIGITAL に比べて 50mg 重たくはなったが、ちょっと落としたりして、そこから腐食を招く恐れのある GR DIGITAL より、雨にも槍にも絶えられる GX100 の方が持っていて ”気持ち” 安心感がある。

2.「アルミニウム」という響きの方が、「マグネシウム」という響きより耳に ”優しい” 気がする。

3.本体価格の差が、少なからず合金の差であると ”お祈り” したとき、もしかしたら GX100 の方が他の部分にお金を掛けたのだと ”多少なりとも” 推測し満足度が向上した。

以上のように、どんな条件に立たされても決して諦めない気持ちにさせてくれる ”タフ” な存在なのである。


« 1 2 3 (4)


本日のトップ

本日のトップニュースはありません

カテゴリ