投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-08-07 (1808 ヒット)

デジタルARENAから、デジカメ関連のレビューとして、Caplio GX100が掲載されました。

最新デジカメクロスレビュー リコー「Caplio GX100」

いつものように、カメラマン3人による気になる評価を説明付きで分かりやすく数値化しています。

項目は、以下の5項目。
・機能
・画質
・操作性
・デザイン
・価格

果たして、どんな結果となったか。

結果も大事だけど、評価した人ってどんな人?

ちょっとググッてみましたので、参考に。
◆星 智徳
 京葉写真生活(ブログ)
 http://noise.no-blog.jp/

◆鹿野貴司
 [Welcoming! TOKYO#03]
 http://www.tokyo-03.jp/

◆奥川浩彦
 広報コンサルティング+ライターで独立しました
       [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
 http://blogs.itmedia.co.jp/okugawa/


デジタルARENA - デジカメ
http://arena.nikkeibp.co.jp/camera/


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-08-02 (1767 ヒット)

Caplio GX100 用のファームウェアが公開されました。

今回のバージョンは、 1.16

更新履歴として、
・明るい条件下でのフラッシュ撮影した場合の露出を調整しました。

・表示に関係する以下の現象を修正しました。
1) 3:2 および 1:1 記録画像の拡大再生時、、実際の表示位置と右下に表示される位置表示窓の表示位置がずれる点を修正しました。
2) Fn ボタンにフォーカスを設定し、ステップズーム ONで MF 以外から MF を Fn ボタンで選択したとき、左の距離表示バーの上に表示されているズームの数値表示が残ったままになる点を修正しました。
明るい条件下でのフラッシュ撮影した場合の露出を調整とは、どういうことなのか?


自動的に調節するだけなのか、手動で明るさを選べるのか、など気になるところです。

どちらにしても、ファームアップは大歓迎。
何だか、気持ちを入れ替える感じと似ています。

楽しみ楽しみ。


RICOH ソフトウェアダウンロード Caplio GX100
http://www.ricoh.co.jp/dc/download/gx100.html


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-07-23 (572 ヒット)

デジタルARENAから、Caplio GX100のレビューを担当していた星カメラマンによる、集中使用リポートをお送りしています。

第3回目は、ウワサの高級コンパクト機の実力は?
【第3回】GX100のオートホワイトバランスは使えない!?


確かに私も思っていたが、口に出せないことをサラっと言ってのけている!


文面の中で、
AWBのまま雲を撮影すると排気ガスで汚れたような
よどんだ青空になってしまう夕陽を撮影したシーン
では、全体的に色の濃さが感じられない雰囲気にな
る新緑をアップで撮影したシーンでは、なぜか昼間
なのに夕方に撮影したかのような黄色カブリが発生
してしまう飲食店などで食べ物を撮った時はAWBが
いい感じに働いてくれる


抜粋してみたが、確かに思い当たる節があります。

このカメラマンの的を得た突っ込みに、ますます好感を持ちました。
是非、チェックしておきましょう。


デジタルARENA デジカメチャンネル
http://arena.nikkeibp.co.jp/stage/camera/


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-07-09 (590 ヒット)

タカザワケンジ+横木安良夫プロデュース(株)リコー協賛による特別展、gallery bauhaus 横木安良夫写真展「GXトラベラー ベトナム・ニッポンby GX100&GRD」を開催する記事がありました。

会 期 : 2007年7月17日(火)〜7月30日(月)
時 間 : 11:00〜19:00
休 廊 : 会期中無休
入場料 : 無 料
企 画 : タカザワケンジ+横木安良夫
協 賛 : 株式会社リコー
場 所 : 東京都千代田区外神田2-19-14-301 JR御茶ノ水駅より徒歩7分


その他にも、横木安良夫撮影会の開催も掲載されていました。
内容は、gallery bauhausに集合し、横木自身による展示内容のレクチャーの後、御茶ノ水・神田・湯島方面など周辺の町を歩き撮影する。
参加者にはGX100およびGR DIGITALが貸し出される模様。

横木安良夫撮影会「Walk and Talk TOKYO by GX100&GRD」

会 期 : 7月21日(土)、7月28日(土)
時 間 : 13:00〜18:00(13:00にgallery bauhausに集合)
参加料 : 3,000円


ALAO YOKOGI PHOTOGRAPHS HOME(横木安良夫)
http://www.alao.co.jp/home.html


gallery bauhaus
http://gallery-bauhaus.com/


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-07-06 (551 ヒット)

デジカメWatchで リコー Caplio GX100 長期リアルタイムレポートの最終回が掲載されました。

リコー Caplio GX100【最終回】かまえて、そして斬れ

今回は1:1のスクエア・フォーマットででの作例とバッテリーについて触れられています。

最後に、GR DIGITAL と GX100 の違いを面白い例えで表現していました。



GR DIGITALは抜いてすぐ斬る刀だ。
1で腰につけたケースから取り出しながら電源ON
2でかまえて
3で撮影
4で電源OFF
5でケースにしまう。
この間5秒はほんの少しだけ誇張だが、まさに居合い抜きのように
撮れる。 

一方、GX100は、かまえて相手と対峙し、それから斬りにいく。
風景とにらみ合うわけではないが、ズームで間合いを調整し
じっくりと対象に迫っていく撮りかただ。

リコーの商品発表で言っていた、GR DIGITALは「切れ味鋭いナイフ」で、GX100は「多機能ナイフ」という表現より、より現実的な言い回しと言える。

今回で最後となった掲載ですが、正直、このケニー・オブライエンさんは、”日本人より日本人”に思えて仕方が無い。
経歴を調べたわけではないですが、ベタベタの日本育ちに違いないでしょう。

そんなケニーさんを私はこれからも応援していきたいです。


デジカメWatch
http://dc.watch.impress.co.jp/


« 1 (2) 3 4 5 ... 9 »


本日のトップ

本日のトップニュースはありません

カテゴリ
投稿一覧