投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-06-18 (501 ヒット)

ご存知、スパタ斉藤さんのブログに2回目となる Caplio GX100 の記事が掲載されました。

やはり、スパタ氏の筐体も初期不良のようですね。

そんなスパタ氏のリコーとのやり取りが今回の話題です。


ちょっとだけ私の感想。

スパタ氏ってこんなに有名になっても本当に自分で買ってるんですね

確かに、メーカーから借りたり貰ったりしたら、言いたいこと言えないですからね。

でも、すぐに買ってレビュー書いてすぐ売れば、原稿料から差し引いても痛くも痒くもないでしょうから、いいところに目をつけた商売かもしれませんね。



スタパブログ
http://bb.watch.impress.co.jp/stapa_blog/

スタパブログ リコーのサポートキット
http://bb.watch.impress.co.jp/stapa_blog/archives/2007/06/post_131.html


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-06-15 (454 ヒット)

デジカメWatchで リコー Caplio GX100 長期リアルタイムレポートの第5回目が掲載されました。

リコー Caplio GX100【第5回】変焦的中国

今回は、ワイドコンバーションレンズを装着するときの使い勝手について述べています。

レンズバリヤが無いことで、装着時の手間がかかる事に触れていますが、単純に解決する方法が私はあると思いました。

それは、リングキャップごとレンズキャップを取りはずすこと。
これで、全てが解決しるはずです。

正直、リングキャップはレンズキャップを取り付けるためだけにしか使用しません。

私は、リングキャップをもうひとつ購入し、リングキャップを何かで被ってしまおうと考えています。
なぜかと言うと、リングキャップのフチの銀色部分がカッコ悪いことに加え、そうすることでフード&アダプター(HA-2)をすぐに取り付けられると思うのですが。

誰かやってみてくれないかなー。


デジカメWatch
http://dc.watch.impress.co.jp/


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-06-11 (452 ヒット)

本日、6月11日に全国書店で

「ベトナムGXトラベラー 横木安良夫」

が発売されます。
内容をブログ(THE EYE FORGET)より抜粋。


巻頭、80ページは、GX100による、カラーグラビアです。対象は
主に、ベトナムの少数民族、花モン族のサンデーマーケット、発
売前のGX100のベータ版で撮ったスナップです。
この小さいなカメラで撮ったとは思えないほどの解像度。
これは、それを窓際で、インスタントに複写したもの。
本を手にとって印刷したものをご覧ください。

2007年6月11日発売

 
以前から、ブログ(THE EYE FORGET)で紹介されていましたが Caplio GX100 ”初”となる書籍となります。


ALAO YOKOGI PHOTOGRAPHS HOME
http://www.alao.co.jp/

THE EYE FORGET(ブログ)
http://alao.cocolog-nifty.com/the_eye_forget/


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-06-07 (465 ヒット)

デジカメWatchで リコー Caplio GX100 長期リアルタイムレポートの第4回目が掲載されました。

リコー Caplio GX100【第4回】ファインダーをのぞく愉しみ

今回は、タイトルの通り、ファインダーを使った感想が中心に掲載されています。


この記事で気になった点が以下の2点。
難点は、EVFを使っていると鼻の脂が液晶モニターに付き、それ
をふき取るのがたいへんなこと。レンズバリアがないのでレンズ
も汚れてくるし、なんだか汚れやすいカメラだ。


気軽に24mmで撮れるのが魅力だ。だが24mmは、本来は気軽に使え
るレンズではないのだ。たくさんの失敗作を見ながら、あらため
てそう思った。 


今更取り上げる必要もない部分ですが、どうせなら、それらの難点をどうやって克服したか?。またはどうやって克服しようとしているか?。までレビューしてもらわないと、見ている人には、ただの『アラ探し』のようで好感が持てないと思われます。


デジカメWatch
http://dc.watch.impress.co.jp/


投稿者 : customgx 投稿日時: 2007-06-06 (447 ヒット)

リコーのウェブサイトより、第22回目となる『リコー製品のここが知りたい』にて Caplio GX100 が掲載されました。

リコー製品のここが知りたい

第22回デジタルカメラ「Caplio GX100」

[企画編]こだわった『表現力』とは何か?


項目を抜粋。
・写真の撮り方、楽しみ方が広がるカメラ

・ファンの声に応え

・より忠実に被写体を再現する

・撮影そのものが楽しくなるカメラに

・さまざまな画面比で広がる楽しさ

今回は『企画編』ということは、何度かに分けて特集するのでしょうか?

目が離せませんね


Ricoh Japan デジタルカメラ
http://www.ricoh.co.jp/dc/


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 9 »


本日のトップ

本日のトップニュースはありません

カテゴリ
投稿一覧